香典手提げには、何かと書き方の慣例があります。

不祝儀ですので、如何なる書き方を通じてもすばらしい…はでもありません。
決まりに従って書くことは、ある意味礼儀ともいえるでしょう。

夫婦でお通夜やお葬式に参列する場合には、
父親の名前を書いても、夫婦二人の名前を連名で書いても、
ともかまいません。

殊に亡くなられたお客様といった夫婦そろって親しくしていた場合には、
夫婦連名で書きましょう。

また亡くなられたお客様とのつきあいは、仕事上だけであり、
遺族や親族は至極関係がない場合には、
中央に名前を書き、その右側上に低くサロンニックネームを書きます。
或いは名刺をはってもよいでしょう。

遺族や親族に、御香典を持ってきた奴との仲をわかるようにしておくことが、大切です。

御香典は、ぜひ個々囲む方がいいだ。
遺族や親族の位置付けからすると、協力での御香典を頂くというのは、
何となく面倒なものです。

一人一人が御香典を用意するほうが、親身ともいえるでしょう。http://www.xn--2017-z63cnc2h4738auwf328h.com

最近は、密葬というコメントをよく耳にします。

密葬というのは、改めて亡くなられた輩の社葬や本葬を行う場合に、
では、遺族や親戚、近しい周囲や周囲を呼んで、
お葬式を授けることです。

密葬の後に、多分社葬や業者葬、そしたらお別れ会といった本葬が、
執り得ることが多いです。

密葬は、遺族の雰囲気や、亡くなられた輩の生前の見込みを通して、
一般の会葬パーソンは呼ばずに、
遺族や親戚、また亡くなられた輩の近しい周囲や周囲といった、
ごくごく近しい人だけで、お葬式を執り行なうことになります。

但し密葬は、一般的なお葬式ってまるっきり違いはありません。
ただ、僧侶や神官、神父や牧師といった他人を招かなければいけない…ということはありません。
どうしてお葬式をするのかは、遺族や親戚が上げることができます。

密葬でお葬式を差し上げるのであれば、葬儀に参列する必要はないでしょう。
また遺族や親戚の希望を持って密葬としているわけですから、
参会打ち切るほうがよいでしょう。家族だけのお葬式ならこちら